So-net無料ブログ作成
検索選択

自宅で簡単お小遣い稼ぎ♪ちょびリッチ

あのお多福みたいな刈り上げ [政治]

北朝鮮のミサイル発射で
4発のうち3発が男鹿半島沖に落下、って。

内陸ですが、秋田県に住んでいたことがあるので
人ごとではありません。

もう!

こっちは無関係なのに
地理的に近いというだけでこんな仕打ち。

ひどいです〜。

・・・と言ってたら、夫が
「日帝占領時代のことがあるから、無関係じゃないよ」

「それはそうかもしれないけど、日本は戦後
十分すぎるほどやってきたはずでしょ」

「うん。でも、向こうは北も南も未だにそうは思ってない。
ミサイルは、完全にアメリカに対する挑発だけどな」

・・・

あのお多福みたいな刈り上げは
正夫を殺して、タガが外れちゃったんでしょうか?

国際社会から完全に孤立してるのに
白旗あげて降参するわけにはいかないんでしょうね。

「窮鼠(キュウソ)猫を噛む」って言います。

自滅するのはいいけど
周りみんなに迷惑かけるのやめてほしい〜。

      今日もチリツモ応援お願いします。⇒ ⇒ ⇒にほんブログ村 その他生活ブログ へそくり・タンス預金へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ

正男が生きてたら [政治]

うちにも二人の息子がいます。

幸い、腹違いじゃないし
資産家の家でもないので、どちらかといえば
仲がいい方かと思います。

もう独立していて、一人は東京
一人は仙台にいますが
盆暮れには帰省して一家団欒しています。

比べる方がおかしいけど
そういう家族団欒を
金正男は知らなかったんですね。

生まれた時から隔離されたところで
暮らさなければならなかった。

生まれた時の事情で、おじいちゃんには
存在をひた隠しにされていたなんて・・・。

おじいちゃんとは、当時の最高権力者
金日成(キム・イルソン)の事です。

正男の父、金正日は正男の母親が人妻であったから
長男でも、言い出せなかったようです。

母親、成蕙琳(ソン・ヘンリム)は
韓国生まれだったので
それもあったのかもしれません。

将来、北の最高責任者となる人間に
南の血が入ることは、芳しくなかったから。

とにかく、正男は子どもの頃
閉ざされた世界で贅を尽くした中で
育ったけど、のちに外に出て自由人となった。

ところで、金正恩の母親は在日朝鮮人だそうです。

こちらも実は、負い目を持っているようで
母親のことは国民にひた隠しにしてるとか。

南出身である正男の母親の方が
在日の母親より正当だと思われかねないからです。

硬直した変な国ですよね。

虚勢を張って、虚しくないのでしょうか?

全く、いつの時代に生きてるの?って感じ。

金正男は、不遇な思いをして育っただけに
海外でいろんなものを見て
その虚しさを見に沁みてわかっていたと思います。

正男が生きてたら、北の南も救われたのに。

そういう血筋に生まれたばかりに
どんなに弟の正恩に従うといっても

信じてもらえないで
存在自体が疎まれてしまうなんて。

正男の家族は
遺体を引き取ることもできないんです。

母親のお墓はモスクワだそうですが
死んで、どこに帰るのでしょうか?

      今日もチリツモ応援お願いします。⇒ ⇒ ⇒にほんブログ村 その他生活ブログ へそくり・タンス預金へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ

太っちょのクマ暗殺 [政治]

「太っちょのクマ」金正男が暗殺されました。

クアラルンプール空港で
公然と女に殺害されたらしいので
「暗殺」とはいえないか。

それにしても、正男は、元はと言えば
金正日の長男で、正統的な後継者だったはず。

それなのに
どうしてこんなことになってしまったんでしょうね?

調べてみたら、長男とはいえ
最初は生まれたことも秘密にされていたそうです。

というのは、正男が
「略奪愛」の末に生まれた子だったから。

母親、成蕙琳(ソン・ヘンリム)は
結婚し、夫も子供も居たそうですね。

成蕙琳が韓国生まれの女優で
のちに北朝鮮に来た複雑な家族環境だったそうです。

こういうことがあったから、長男といっても
正統な後継者と認められにくかったのでしょうか。

「太っちょのクマ」さん
大変な運命の元に生まれたんですね。

そういう血筋でなければ
日本でお笑い芸人として生きていけたかもしれないのに。

でも、異母兄弟にあたる金正恩、恐ろしい・・・。



      今日もチリツモ応援お願いします。⇒ ⇒ ⇒にほんブログ村 その他生活ブログ へそくり・タンス預金へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ