So-net無料ブログ作成

福沢諭吉先生は、頭を下にして [節約&貯金]

一万円札を財布に入れる時の
取り扱い方って、ご存知でしたか?

1万円札をただ財布へ入れようとするのはダメで
福沢諭吉先生は、頭を下にして入れるといいんだそうです。

なぜ、「頭を下」にするといいのかというと
大金である福沢諭吉が「逃げない」ようにするためとか。

お金を大事に扱って、逃げないよう、貯まるようにと
願掛けするような感じですが、悪いことではありませんね。

お金に敬意を表して、大事に扱うってことですから。

そういう考え方もあるのかと感心しました。

諭吉先生の頭を下にして財布に詰め込むのは
ホント申し訳ない・・・

そういう気持ちが生まれ、大事にしているうち
諭吉先生を身近に感じるようになってくるのです。

5千円札の樋口一葉先生、千円札の野口英世先生も
同じにしていると、お札を崩すのに抵抗が出てきます。

こうすることで、無駄遣いが減り
貯金も地味に溜まっていく気がしてきます〜。

これから師走に向かって、「お足」がポンポン
出ていかないよう、大事に扱いましょうね^^
      今日もチリツモ応援お願いします。⇒ ⇒ ⇒にほんブログ村 その他生活ブログ へそくり・タンス預金へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。