So-net無料ブログ作成

名実ともに世界の絶対王者 [巷のニュース]

昨夜から今日にかけて羽生選手と宇野選手の
優勝インタヴュー。

どの局も同じこと何回も
時には「疲れましたか?」なんて馬鹿な質問したり。

本人たちがあのパフォーマンスをした後なんだから
休ませてあげればいいのに
あのマスコミ対応はなんなんでしょうね?

でも、その中で良かったのは、現地に行っていた
松岡修造と織田信成のコンビでした。

感激のあまり号泣する相方に
修造さんはすごく良い事言ってましたね。

これは、それ以前の日本選手の努力のおかげなんだと。

元々は白人王国だったフィギュアスケートです。

フィギュアで演技するアジア人を猿真似だと
西欧人たちが差別の目で見て笑っていた時代があったんです。

その偏見を物ともせずに努力を重ねて世界に挑戦し
現在の日本のフィギュアスケートがあるわけで。

伊藤みどりの時なんて、ジャンプはうまいけど
優雅さがなかったし、男子フィギュアなんて話題にもならなかった。

それが、今、羽生選手の、あの優雅なスタイルと笑顔と
テクニックと集中力と気迫。

名実ともに世界の絶対王者として
フィギュアスケートの最高の形を体現して今す。

たくさんの日本の先輩たちが長い年月をかけて
紡いできた歴史を忘れてはなりませんよね。

そういうことこそ報道すべきであって
本人たちを猿回しのようにスタジオ周りさせる
必要なんかないでしょう。

彼らをゆっくり休ませてあげてほしい。

      今日もチリツモ応援お願いします。⇒ ⇒ ⇒にほんブログ村 その他生活ブログ へそくり・タンス預金へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。